現物分割

現物分割とは、遺産の分割におけるもっとも基本的な分割方法であり、不動産、預貯金、自動車、などの遺産をそのまま分けることを意味します。Aさんは不動産1,Bさんは不動産2,Cさんは〇〇銀行の預貯金、というような感じで、そのまま分けることを言います。

 大きな土地を2個以上に分けて(分筆)各々を異なる相続人が相続する方法も現物分割の一種と言えます。

 この方法は代わりにお金を払うというようなこともなくシンプルですが、法定相続分に沿った分割が難しい場合もあること、分けると価値が下がってしまう場合には望ましくないこと、など欠点もあります。

相続に関する法律用語一覧に戻る

法律相談のご予約

042-512-8774

電話受付時間平日10:00~19:30/日10:00~19:00

メールは24時間受付

何度でも相談無料のテーマ

  • 債務整理・過払い金
  • 交通事故

初回1時間相談無料のテーマ

  • 相続・遺言
  • 大家さん向け相談
  • 刑事事件
  • 労働問題
  • 立退料請求

初回30分相談無料のテーマ

  • 債権回収

上記6テーマ以外は、原則として
30分5000円と消費税の
相談料が発生します。
ただ、そのまま案件をご依頼の場合は当日の相談料は無料となります。

所長・弁護士山中 靖広

ページトップへ