遺言無効確認訴訟

遺言無効確認訴訟とは、どのような訴訟でしょうか?

これは、文字通り、遺言が無効であることの確認を求める訴訟です。例えば、自筆証書遺言の形式を満たしていないとか、遺言が書かれた時点で遺言能力がなかったとか、あるいは、遺言が偽造であり被相続人が書いたものではない、など、様々な理由で遺言の有効性を争う際に提起されるものです。通常、遺言の内容に不満を持つ相続人により提起されます。

 もし、遺言無効確認訴訟で原告の請求が認容されると、遺言は無効ということになり、判決が確定すれば、遺言の無効を前提に遺産分割手続きが行われることになります。すなわち、有効な遺言書はないことになりますので、交渉や遺産分割の調停等で解決が図られることになります。

 調停前置主義がとられており、原則としては、まず調停を行うことになっています。ただ、実際のところ、調停を行なっても解決する見込みがない場合、最初から訴訟を起こすこともあります。

相続に関する法律用語一覧に戻る

法律相談のご予約

042-512-8774

電話受付時間平日10:00~19:30/日10:00~19:00

メールは24時間受付

何度でも相談無料のテーマ

  • 債務整理・過払い金
  • 交通事故

初回1時間相談無料のテーマ

  • 相続・遺言
  • 大家さん向け相談
  • 刑事事件
  • 労働問題
  • 立退料請求

初回30分相談無料のテーマ

  • 債権回収

上記6テーマ以外は、原則として
30分5000円と消費税の
相談料が発生します。
ただ、そのまま案件をご依頼の場合は当日の相談料は無料となります。

所長・弁護士山中 靖広

ページトップへ