こんな時どうする?

家族の関係

「両親が高齢で判断力が低下してきて、お金の管理が心配」
判断力が低下している場合、その程度に応じて、成年後見制度や保佐人、補助人などの制度の利用が考えられます。(なお、判断力があるうちに本人の意思で任意後見契約をしておくということもできます)
成年後見等は家庭裁判所に申し立てる必要がありますが、申し立ての代理人として弁護士に依頼することもできます。

なお、どの制度が利用可能か、どの制度が望ましいか、は、状況によって異なります。

※ここで書いているのは全て一般論です。個別の事例によって、望ましい対応は変わります。弁護士に相談せずに実行に移した結果損害や不利益を被っても責任は負えませんので、ご注意ください。

法律相談のご予約

042-512-8774

電話受付時間平日10時~21時30分/土日10時~19時

メールは24時間受付

何度でも相談無料のテーマ

  • 債務整理・過払い金
  • 交通事故

初回1時間相談無料のテーマ

  • 相続・遺言
  • 離婚・不貞慰謝料
  • 刑事事件
  • 大家さん向け相談

初回30分相談無料のテーマ

  • 債権回収

上記6テーマ以外は、原則として
30分5000円と消費税の
相談料が発生します。
ただ、そのまま案件をご依頼の場合は当日の相談料は無料となります。

所長・弁護士山中 靖広

ページトップへ